« ひでじビールも今夜はなんだかしょっぱいね。 | トップページ | あれからお顔が真っ赤っか »

拝啓 加藤成亮様/私信

 

 

この手紙はゆめこから成亮殿shineに宛てた私信であるcat

 

 

 

 

前略

 

 

 

成亮様、今日は素敵な時間をありがとうございました。

 

 

 

毎日『会いたい』って思っている貴方にあんな風に出会えて・・・

 

私はなんてなんて幸せものなのでしょう。

 

数時間経ったいまでもなんだか夢を見ている心地です。

 

 

でも夢じゃないですよね!

 

ちゃんと柔らかい手の感覚が残っているから。

 

 

 

私の問いかけにも優しく接してくれた貴方。

 

せっかく耳を傾けてくれたのに・・・

 

本当はもっと伝えたいこといっぱいいっぱいあったのに・・・

 

言いたいことの1割も伝えられなかったです。。。

 

 

 

いつもどれだけ貴方から幸せをもらっているか、

 

どれだけ大切な存在か、

 

いまなら溢れるくらいに言葉が湧き出てくるのに。

 

 

でも大好きなその声。

 

あの瞬間だけは私だけのもの。

 

交わしたひとことひとことが本当に大切な宝物です。

 

 

 

それに震える手と声が精一杯の気持ちだけはきっと伝えてくれた、と

 

そう信じてます。

 

 

 

貴方がとっても自然に接してくれたので

 

普段着の貴方をとっても近くに感じられました。

 

あの言葉と状況の真逆さに素で笑っちゃったね。

 

でも風邪じゃなくてよかったです。

 

自然に笑いあえたことがとっても幸せでした。

 

 

 

 

目を閉じれば浮かんでくる大好きなネコバスな笑顔。

 

なんだか今日は眠れなさそうです。

 

 

 

貴方は本当に素敵なひと。 

 

私は貴方のことが大好きです。

 

今日という記念日がずっと続いていきますように。

 

本当にありがとう。

 

 

 

かしこ

 

 

 

2009年12月2日 ゆめこ

 

 

 

|

« ひでじビールも今夜はなんだかしょっぱいね。 | トップページ | あれからお顔が真っ赤っか »