« 銀河級の愛を贈ります | トップページ | さくらガール »

扉を叩くのは誰?

 

バタバタ忙しい平日を経て、ホッと一息の週末cat

 

 

チーム走魂は日曜関係なく、大阪ロケを敢行していたようですが

 

ゆめこはおうちでまったりDVD鑑賞して過ごしておりやしたcat

 

 

 

鑑賞作品は成亮殿shineがオススメしてくれた、とある作品。 

 

いやはや、これがかなり面白かったようでゆめこは上機嫌でニヤニヤcat

 

ニヤニヤ、といっても決してコメディー的面白さというわけでない。

 

興味深い作品に出会った時のゾクゾクと身悶えるような、

 

昂揚感に酔いしれているのでありますcat

 

 

 

ゆめこは時折、ふと

 

<なぜ自分がこれほどまでに【加藤成亮】に惹かれるのか>

 

を、考えるときがあるcat

 

 

 

 

理由は明確にポンッとひとつ、あるわけではないcat

 

いくつも混ざり合う答えの中でわかっていることのひとつ。

 

それはゆめこは【加藤成亮】の感性が好きである、ということcat

 

 

 

 

【加藤成亮】の作品・言葉に触れるたび、刺激を受ける。

 

そして【加藤成亮】と語り合えるほどの感性を磨いた人間でありたいと願う。

 

 

 

 

きっと成亮殿shineの近くには知的でパワフルなお友達がたくさんいるであろうcat

 

そんな目標像を持ち、具体的に行動する楽しさ。

 

ゆめこはすごくわくわくしているのだcat 

 

 

いまはまだ間接的かもしれないけれど

 

成亮殿shineは間違えなく、ゆめこの人生に喜びを与えてくれているのだよcat 

 

 

“トントン”

 

今日も扉を叩く音が聞こえる。

 

しげあきheartが開放してくれる感性の扉。

 

 

10年先も20年先も見守っていきたい。

 

いつか、ありがとう。と伝えられるその日を信じて。  

 

|

« 銀河級の愛を贈ります | トップページ | さくらガール »