« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

にゅーすこん


9月19、20日 京セラドームcat

9月25、26、27日 東京ドームcat

いっぱいいっぱい会いにいくからねheart01


わくわくheart02どきどき
当分眠れないな、ゆめこよcat

|

いてくれて、ありがとう。

 

heart加藤成亮様 23歳の誕生日おめでとうございますheart

 

 

22歳最後の仕事となった『トラブルマン』は

 

代表作と言うに相応しい見応えのある作品でしたね。

 

 

最終回でのラブシーン。。。

 

予想の上、ある程度は覚悟して身構えていたけれど・・・

 

実際目にしてしまうと身体から血の気が引いて、

 

ただただ呆然と涙を流していました。

 

 

もともとは作品主義であるので、

 

キスシーンだけでひゃあーひゃあー言うのはどうかと思う方だけど

 

自分の好きな人となると、それはやっぱりわけが違うものですね。。。

 

 

 

『もうトラブルマンなんて見たくない!!!

こんな苦しい思いをするなら嫌いになれたらいいのに!!!』

 

なーんて子供みたいにだだをこねて、泣き疲れて眠りについた、あの夜。

 

でも嫌いになるなんて強がり言っても、そんなこと当たり前に出来るわけなく、

 

目が覚めても、いや、夢の中でも考えていたのは貴方のことでした。

  

 

 

トラブルマンだって、もう観たくて観たくてたまらない。

 

 

悔しいけど、SABU監督に、加藤成亮に負けました。

 

悔しいけど、キスシーン、本当に美しかった。

 

 

 

貴方の仕事の姿勢、生き方には本当いつも納得させられてしまう。

 

底なしの喜びも、時に感じる胸の痛みも貴方に逢えた、しるし。

 

そして、そのたびに、私はあいを思い知るのです。 

 

 

 

初めて貴方という存在を知った日から比べると

 

ファンとしては落第点をつけられるかもしれない。。。

 

あの夜の、あの胸の痛み・・・ホンモノだって気付かされたから。

 

そう、悔しいほどに。

 

 

でもこれからも私なりの愛し方でもっともっと貴方を知っていきたいと思っています。

 

 

だから貴方にも『加藤成亮としての固定概念』を恐れず、

 

表現したいすべてに挑戦してほしい、と心から願っています。

 

 

昨日のカウントダウンパーティーでもたくさんの友人に祝福されていましたね。

 

それは貴方がそれだけ『あたえるひと』だから。

 

これからどんな未来を描いてくれるのか、楽しみでしかたありません。

 

 

おめでとうshineそしていつもありがとうheart

|

おかえりなさい

こころの深呼吸

たくさんたくさん出来たみたいだねshine


パパシートおかえりなさいheart01

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »